解体処分する前に

お金を数える

中古でも人気は高い

ダンプカーを長年仕事に使ってきたけれど、走行距離も長くなったし処分したいと考えることもあるでしょう。ただ、処分するにも解体するくらいなら少しでもお金になるよう、中古車販売店で査定してもらうことになりますが、大抵は古すぎて値段がつけられない、買取りができませんといった回答をされます。そういった話をしてついつい解体に出してしまいそうになりますが、実は中古ダンプは小型であれ大型であれ、一部の買取業者では高い評価をつけているのです。最近の買取業者は販売経路を1カ所には留めず、国内で売れなければ海外に輸出するなど広い販路を持っています。そのため、傷やヘコみなどで多少見た目が悪く、走行距離が買い替え時であっても走行するのであれば高く買い取ってくれるのです。また、中古ダンプの査定に影響するにしても、故障や車検切れ、廃車寸前であっても利用価値があれば積極的に買取りをしてくれます。ダンプが走行不可能であっても、一部の部品などは使用することができたり、素材としてリサイクルに出すこともできるため、車両そのものに十分な価値があるからです。中古車販売店では売れなかったダンプでも、買取専門店なら引き取ってくれる可能性もあるため、とにかく依頼してみると良いでしょう。もしも査定額が気に入らなかったとしても断ることはできますし、その際に査定料金を請求されることもありません。最近ではインターネット上でできる無料査定も利用できるので、まずは所有しているダンプの価値を確認してみると良いでしょう。