効率的な運送トラック

電卓とトラック

中古導入の利点も大きい

一般的なトラックは後方側に両開き扉があり、荷物の積み下ろしをそこから行う事になります。この方式では扉を開く為に確保するためのスペースは小さめで済むという利点はありますが、一方で荷台前方までの奥行きがそのまま反映されてしまうという特徴があり、荷物の種類によっては積み下ろしに支障が出る可能性があります。奥までしっかり詰め込まないとスペースの無駄が生じ易い構造で、デメリットにも繋がり易いです。こうした面を解消する為に使われる車両が、アルミウィング型と呼ばれるものです。アルミバンが持つ構造の軽さを活かして、側面が大きく開くように造られた荷台を持つトラックの事で、鳥が翼を広げた状態の形容からアルミウィングと呼ばれています。アルミウィングの利点は、側面部による入り口部分が広範に確保される点にあります。横長の荷物をそのまま詰め込めるので、フォークリフトのパレットを直積みした上でスペースをしっかり詰める事が可能となります。重量のある荷物を時間・スペース共に効率化して積める事になります。降ろす際にも、そうした特性は活かされます。こうした特性から様々な荷物の運搬に使われる一方、車両価格としては若干高めとなります。そこで導入コストを抑える目的で、最近は中古の流通も盛んになっており、市場が活性化しています。中古バスやダンプトラックを扱う事業者での販売実績が増加しており、1台からの導入が行い易いというのも中古アルミウィングの魅力となっています。